第9回日本がんサポーティブケア学会学術集会(The 9th Annual Meeting of the Japanese Association of Supportive Care in Cancer (JASCC) )

第9回日本がんサポーティブケア学会学術集会(The 9th Annual Meeting of the Japanese Association of Supportive Care in Cancer (JASCC) )

座長・ファシリテーター・演者へのご案内

1. 発表について

1)発表時間

下記の発表時間を厳守してください。
なお、Year in reviewのみ、事前に音声付の発表データをご登録いただきます。ご登録用のURL・ファイル形式等の詳細は、運営事務局より事前にご案内いたします。
その他のセッションは、発表データの事前登録(事前提出)は行いません。

セッション 発表時間 質疑時間
会長講演、会長企画(特別企画)、会長提案企画、JASCC & MASCC Joint Symposium、PPI(患者・市民参画)セッション、Symposium
第56回日本医学教育学会大会(#JSME56)コラボ企画、
発熱性好中球減少症(FN)診療ガイドライン改訂第3版のポイント、
ワーキンググループ企画、委員会企画、部会企画、プログラム委員会企画、教育シンポジウム、教育セッション、Year in review、
E-posterセッション、共催セミナー
演者に事前にご案内いたします。
ポスターセッション(E-Poster) 5分 2分
  • ポスターセッション(E-Poster)のスライドの枚数制限はありません。時間内で発表できるように発表スライドをご用意ください。

2)オンデマンド配信におけるデータ登録のお願い(Year in Reviewのみ

本大会では、2024年5月16日(木)12:00~6月19日(水)17:00の期間、オンデマンド配信を行い、多くの参加者に発表内容を視聴いただけるようにいたします。
演者の皆様には、発表スライド音声付き動画をアップロードしていていただきますようお願いいたします。なお、アップロード頂いたデータは、セキュリティ処理をされ、ダウンロード、コピーができませんのでご安心ください。

【登録締め切り】2024年5月6日(月)

  • 運営事務局より動画作成マニュアル・アップロード用URLをお送りいたします。

3)発表データ受付

  • 発表セッション開始予定時刻の40分前までに、PC受付にて発表データのご登録とご確認をお願いいたします。
  • PC受付の場所と受付時間は下記のとおりです。なお、ポスターセッション(E-Poster)の演者は、直接ご自分が発表されるE-Poster会場(地下2階 第1・2展示室)にお越しください。
    【場所】埼玉会館 1階 ロビー
    【受付時間】5月18日(土) 8:30 ~ 18:30
          5月19日(日) 8:30 ~ 15:00
  • PC受付終了後、発表開始予定時刻の15分前には、会場内の次演者席にご着席ください。

4)発表形式
下記の要領にてPCによる発表のご準備をお願いいたします。

  • 口演会場に液晶プロジェクター(一面映写)、E-Poster会場に液晶ディスプレイ(一面映写)を準備いたします。
  • 発表データはUSBフラッシュメモリもしくはPC本体をお持ちください。
  • 会場に用意している発表用PCはWindowsのみとなります。Macintoshの方は必ずPC本体をご持参ください。
  • 画面比率は、全会場統一して「16:9」となります。
  • 発表には利益相反(COI)の開示を必ず含めて下さい。
  • 発表に使用されるデータに動画ファイルを使用している場合は、PC本体をご持参ください。
  • 発表の際は演台に設置しておりますマウスもしくはキーボードを使って、演者ご本人により操作をお願いいたします。
  • 音声の利用は出来ません。
  • 「発表者ツール」・アニメーションを使用した発表はできませんのでご留意ください。

メディアをご持参される場合

  1. データは「Microsoft PowerPoint(以下PowerPoint)」にて作成してください。
    CD-RまたはUSBメモリーに保存して、データをご持参ください。
  2. 今回ご用意しておりますコンピュータのOSと対応アプリケーションは以下の通りです。
    OS:Windows 11
    アプリケーション:PowerPoint365
    ※Macintosh版PowerPointでデータを作成された場合、Macintosh本体をご持参ください。
  3. データ表示における不具合を避けるために、下記のOS標準フォントをお使いください。
    日本語:MSゴシック、MSPゴシック、MS明朝、MSP明朝
    英語:Arial、Arial Black、Century、Century Gothic、Times New Roman
    記号表記の場合(推奨):Symbolなど
  4. ビデオファイルなどスライドにリンクするファイルは、1つのフォルダに入れてください。
    Windowsの場合は、Windows 7およびWindows Media Player12の初期状態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルをお持ちください(動画ファイルWMV形式推奨)。
    音声出力も可能です。試写の際、スタッフにお申し付けください。
    ビデオファイル再生時のトラブルに備え、コンピュータ本体をご持参ください。
  5. 発表者ツールのご使用は出来ません。
  6. PowerPoint2013、2016、2019をお使いの場合、下記にご留意ください。
    (1)スライドのサイズが「画面に合わせる(16:9)」になっていることを確認してからデータを作成してください。
    (2)“スライドショー”の項目で“発表者ツールを使用する”をチェックから外してください。
  7. 学術集会の終了後、お預かりしたデータは速やかに消去いたします。

パソコンをご持参される場合

  1. 電源アダプターを忘れずにお持ちください。
  2. iPadやSurface、その他タブレット端末については、動作の保証はできかねます。
    ご使用される場合、発表者の皆様の自己責任において、ご使用をお願いします。
  3. Macintoshなどパソコン本体にD-sub端子もしくは、HDMI端子がない機種をお持ちになる場合、変換アダプターを忘れずにお持ちください。事務局でのご用意はございません。
  4. スクリーンセーバー、ウイルスチェック、並びに省電力設定(Macintoshの場合はホットコーナーも)はあらかじめ解除しておいてください。解除されておりませんと発表中にスクリーンセーバー等が作動してしまうことがあります。
    解除されていない場合、PC受付にて設定を変更させていただきます。
  5. 故障などのトラブルに備えて、念のためバックアップデータをお持ちください。
  6. PC受付にて動作確認後、ご自身で会場内左前方のオペレーター席までPCをお持ちください。なお、ポスターセッション(E-Poster)の演者は、直接ご自分が発表されるE-Poster会場(地下2階 第1・2展示室)にお持ちください。
  7. 発表終了後、オペレーター席にてご返却いたします。
コネクター

指定演題座長の方へ

  • 会場内のスタッフがご到着の確認をさせていただきますので、担当セッション開始予定時刻の20分前までに、必ず会場内の次座長席にご着席くださいますよう、ご協力をお願いいたします。
  • ご担当セッションの進行に関しましては、時間内に終了するようにご協力をお願いいたします。

E-Posterのファシリテーターの方へ

  • 会場内のスタッフがご到着の確認をさせていただきますので、担当セッション開始予定時刻の20分前までに、必ず会場内の次座長席にご着席くださいますよう、ご協力をお願いいたします。
  • ご担当セッションの進行に関しましては、時間内に終了するようにご協力をお願いいたします。