第9回日本がんサポーティブケア学会学術集会(The 9th Annual Meeting of the Japanese Association of Supportive Care in Cancer (JASCC) )

第9回日本がんサポーティブケア学会学術集会(The 9th Annual Meeting of the Japanese Association of Supportive Care in Cancer (JASCC) )

市民公開講座

市民公開講座画像
市民公開講座 知っておきたい がんと感染症のこと これからの医療のこと
日時 5月19日(日)16時-17時30分 開場15:30
会場

埼玉会館 1階 第2会場 小ホール(オンラインとのハイブリッド)
〒330-8518 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4
アクセスこちら https://www.saf.or.jp/saitama/access/

主催 第9回日本がんサポーティブケア学会学術集会
後援 埼玉県、さいたま市(申請中)
対象 がんの患者さんとそのご家族、がん経験者(がんサバイバー)、がん患者さんの治療・支持医療・ケアについて関心のある方、医療従事者、介護福祉関係者、学生、行政担当者など
参加費 無料

プログラム

第1部  16:00~16:40

みんなで学ぼう がんのこと 感染症のこと(子ども向けプログラム)
小学生から中学生の児童や生徒向けに、分かりやすく興味深いがんと感染症の話を聞いて、正しく理解し行動することの大切さを学びます。

1. がんを知り、ともに考える

渡邊 清高
帝京大学医学部内科学講座 腫瘍内科 教授、第9 回日本がんサポーティブケア学会学術集会会長

渡邊 清高

2. 感染症を知り、ともに考える

忽那 賢志
大阪大学大学院医学系研究科感染制御学 教授

忽那 賢志

3. 質問コーナー

第2 部 16:50~17:30

がん医療のこれまでとこれから 私たちの夢をかなえる
がんの治療やケアは大きく変化しつつあります。「よりよく生きる」を支える「がん支持医療(サポーティブケア)によって副作用や後遺症を軽くしたり、予防したりすることができるようになって、がん医療はより安全に苦痛の少ないものになりつつあります。
第2 部では、参加者とともに、がんの現状を知り、治療やケアの過程で、患者・当事者の視点が加わることの大切さを学びます。

1. 開会あいさつ

佐伯 俊昭
埼玉医科大学国際医療センター病院長、日本がんサポーティブケア学会理事長

佐伯 俊昭

2. がん医療の現在と未来 がん支持医療の進歩から

渡邊 清高
帝京大学医学部内科学講座 腫瘍内科 教授、第9 回日本がんサポーティブケア学会学術集会会長

3. 「私」が「私たち」になった時、「未来が変わる」

轟 浩美
認定NPO 法人 希望の会 理事長

4. ディスカッションとまとめ

  • お子さんだけの参加も可能ですが、必ず保護者の方の同意を得てください。

個人情報について

ご登録いただいた個人情報は本市民公開講座の運営準備の目的以外での使用はいたしません。
ご登録いただいた個人情報は、必要なセキュリティ対策を講じ、厳重に管理いたします。

お問い合わせ先

第9回日本がんサポーティブケア学会学術集会 市民公開講座 運営事務局
株式会社インタープラン・コーポレーション内
〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-28-4松濤六番館4階
E-mail:jascc2024@c.inter-plan.co.jp